食べ放題日記 ~二日に一回ケーキバイキング~


このエントリーをはてなブックマークに追加 2017/01/21(土)
ホテルラングウッド 「SERIO(セリオ)」 スウィーツビュッフェ ケーキバイキング
ホテルラングウッド 「SERIO(セリオ)」 スウィーツビュッフェの写真付き詳細レポート

こちらは去年教えて頂いた、先月から始まった第三金曜固定開催の場所で、開始時間が15:30~で最大でも滞在45分程度しか取れない場所でしたので行けるのがいつになるか分からなかったんですけど、この日時間が取れそうだったので、当日14:15に問い合わせてみたら予約できる、と言われましたので急遽行ってみました。
割引後の値段がたった1500円ですし、見ての通り業務用が映ってますし、種類も全20種類と書かれていたので食べログに放り込んで終わりだろう…と思っていたら、デザート分類だけでもその倍近い種類数が出てる上に更に軽食まであるので、全50近い種類数でした。
こういうのって、大抵細かい焼き菓子やら果物まで完全別カウントして種類数を「盛ってる」パターンが多いんですけど、随分謙虚なお店です。
写真13枚にもなってしまい、食べログでは見づらいので通常形式にしました。
内容に関しては、やはり業務用主体ですが、業務用の中では中程度のランクになる正木牧場のですので、値段を考えれば悪くありません。
単に切っただけ、ではなくてデコレーションを丁寧に行ってるので、ぱっと見だと業務用だとちょっと分かり難いものが多く、安い予算で上手くそれっぽい形に仕上げてる、と感心させられました。
グラスデザートに実演などオリジナル品もけっこうありますし、先に書いた通り全体の種類数が多いので、業務用を使ってても悪印象どころかむしろ好印象なくらいでした。
一つ前に行ったお店が市ヶ谷のカトレアでしたけど、あそこの初期の1200円時代、業務用が中心ですごい種類数が出ていたころを思い出すような感じの内容でした。
最近都内はやたら高いところばっかりですので、こういう「安くてそれなり」というところは貴重ですね。こういうのの需要って低くない気がするんですけどどうなんでしょう。
個人的には、値段を考えたら今のカトレアよりこっちの方が満足できたと思います。
バランスの良い食事内容で値段も安いので初心者にもお勧め、中級者は業務用見分けの練習に使え、あちこち行ってる上級者は、都内の価格の高さを知ってるでしょうから、山手線沿線の駅すぐの場所でたった1500円ということを考えれば十分納得ができるはずの内容、と万人向け度も高いお店な気がしました。
ただ、安さが最大の魅力の場所ですから、県をまたいで高い交通費をかけてまで来る意味はありません。あくまで近くの人用ですね。片道200円未満くらい、お店の値段を入れて2000円未満くらい、を目安に考えると良い気がします。
もちろん、開催日に秋葉原や上野などの近場に用事があるならついでに寄ってくるのはありです。
味に期待するなら別のお店、コストパフォーマンスの良さを求めるならここ、という棲み分けもできて良さそうですね。
今回の利用者はわずか4組、10名未満、という状態でしたので、今後もそんなに混むことはないと思います。
メンバーズカードは、私は時間がないので少し早めに来てホテルのフロントで作ってもらいましたが、店内のテーブルにも申込用紙がありましたので、時間のある方はそのまま店内に入ってしまっても大丈夫そうです。
1枚でグループ全員、という割引はできず、割引利用の場合は1人1枚持っていなければならない、という点は注意が必要ですね。
人数の多いグループだと、ちょっと会計のときに時間がかかる可能性はあります。
折角カードを作ってしまいましたし、高くてちまちましてるのよりもこういうタイプのお店の方がケーキバイキングらしくて好きなので、同じ月一開催ならカトレアの代わりにたまにこっちに来ようかと思いました。
(予想外の種類の多さで、帰りの時間がやばいことになって全力ダッシュを余儀なくされましたが…次回以降はパンとか業務用は省略すれば良いですしね…15:00スタートにしてくれれば助かるんですが…)

セリオ(ホテルラングウッド)
〒116-0014
東京都荒川区東日暮里5-50-5
℡ 03-3803-1234

台の様子の動画、元サイズ
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
東京都 北千住~上野・浅草 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
この記事へのコメント
コメントを投稿する (名前は空欄でも書き込めます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://touminkuma.blog80.fc2.com/tb.php/2663-c7755878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック